紫外線対策

スキンケア

日焼け止めの選び方

乾燥肌を紫外線の刺激から守るために、紫外線対策を行っている人も少なくありません。乾燥肌の人は添加物でも刺激となることがあるので、日焼け止めを選ぶときには気を遣う必要があります。乾燥肌の場合、刺激の強い紫外線吸収剤が含まれていない日焼け止めがおすすめです。また日焼け止めを塗ることで皮膚の乾燥が気になることもあるでしょう。最近では、保湿機能を併せ持った日焼け止め製品も販売されているので、それらを選ぶのがおすすめです。また日焼け止めを塗る前に基礎化粧品で保湿ケアをしましょう。そうすることで日焼け止めに刺激や乾燥が気にならなくなるからです。基礎化粧品を塗ってから、5分以上間隔をあけて日焼け止めを塗るのがおすすめの方法です。

日焼け止めの成分チェック

最近では紫外線から皮膚を守ることは当たり前になりつつありますが、特に乾燥肌の人はしっかりと対策を行う必要があります。ドラッグストアなどでは様々な種類の日焼け止めが販売されていますが、特に乾燥肌の人は商品選びに気を遣う必要があります。何故なら日焼け止めに含まれている成分で、かえって乾燥がひどくなってしまうことがあるからです。日焼け止めには紫外線吸収剤や紫外線散乱剤と呼ばれる成分が含まれています。紫外線吸収剤は防御力は高いですが肌への負担は大きくなります。また紫外線散乱剤は肌への負担は少なく、「ノンケミカル」と表示されていることが多いです。そのため、乾燥など肌への負担を少なくするためには紫外線散乱剤が含まれた商品を選ぶのがおすすめです。事前に使い心地や使いやすさを確かめてから購入すると良いでしょう。