肌が弱い人のための化粧品

手

敏感肌とは、化学的な成分を含む化粧品や洗浄力の強い洗顔料などの刺激が原因となってかぶれや赤みを生じてしまう繊細な肌質のことを言います。生まれつきのアレルギー体質が原因となっていることもありますが、過度なケアによる肌の乾燥に由来している場合もあります。肌が乾燥すると、表面のバリア機能が失われて外部からの刺激を受けやすくなってしまうのです。体質的に敏感肌という人は、日頃のケアを丁寧に行う必要があります。使用する洗顔料や基礎化粧品などは添加物が含まれていない低刺激のものを選ぶことが大事です。知らないで刺激の強いケア用品を使っていると、更に敏感肌を加速させてしまいます。ケアを行う際には、肌の表面に負担をかけないように優しく扱うようにします。乾燥肌の改善には、高濃度の保湿成分を含む化粧水が適しています。

敏感肌用に開発された化粧品にはどのような特徴があるのでしょうか。前述の通り、敏感肌を改善するためには保湿成分が必要になります。そのため、敏感肌用の化粧水には角質層の水分補給に欠かせないセラミドという成分が含まれています。肌に馴染みやすく角質層に浸透しやすいことから、使用されているのはヒト型セラミドと呼ばれるものです。乾燥した敏感肌は水分を保持する力が弱まっています。そこで、水分保持を手助けするために表面をコーティングするクリームを塗る必要があるのです。そのため、敏感肌用化粧品のセットには保湿化粧水の他にワセリンが配合された保護クリームが入っています。健康的な肌を蘇らせるために、肌の弾力に欠かせないコラーゲンなどの有効成分が添加されている商品もあります。