紫外線対策

スキンケア

紫外線対策にも気を遣う必要があるのが、乾燥肌に悩まされる人です。特に乾燥肌の場合は、日焼け止めの成分にも気を遣わなくてはなりません。刺激の少ない商品を選んだり、保湿機能も併せ持った商品を選んだりすると良いです。また日焼け止めには紫外線吸収剤や紫外線散乱剤が含まれていて、後者の方が刺激は少ないと言われています。

もっと読む

肌が弱い人のための化粧品

手

外部からの刺激でかぶれやすい敏感肌は、アレルギーや乾燥に起因しています。できるだけ低刺激の化粧品を使って肌に優しいケアを行うことが大事です。敏感肌専用の化粧品には、乾燥肌を改善するためにセラミドなどの保湿成分が使われています。肌の水分を保持する目的で、クリームにワセリンが配合されているのも特徴です。

もっと読む

部分メイク用品を活用

ファンデ

薄化粧が叶う

近頃では、素肌を感じさせるナチュラルメイクが人気を得ています。厚塗りのフルメイクは一昔前の流行になりつつあり、メイクアイテムも薄化粧用が主流です。メイクが薄くなると、シミなどの部分的なトラブルが目立ちます。ですが昨今では、コンシーラーという便利なアイテムがあり、トラブルのカバーが可能です。コンシーラーは、素肌メイクとトラブルのカバーを同時に叶えたい方から人気があります。コンシーラーの色味やテクスチャーの種類も増えており、カバーの仕方は自由自在です。コンシーラーでハイライト的な効果を加えることも可能で、幅広い用途に活用が出来ます。素肌メイクは若々しい印象を醸し出すことから、美魔女世代にも愛用されるのがコンシーラーです。

ベースメイクの一つ

現在コンシーラーは、ベースメイクアイテムの一つとして扱われます。ファンデーションや下地と一緒に取り扱われるケースが多いのが、最近の傾向です。若い世代は、ニキビのカバーなどにこのコンシーラーを使います。成熟世代の場合は、やはりシミなどの年齢サインを隠す目的で使うことが多いです。使いやすい仕様の商品は、概して人気を得ます。固形タイプから液体まで揃うのが、近頃のコンシーラーです。特に人気が高いのは、直接肌に塗れるタイプの商品と言えます。ファンデーションを塗る前に使用するのが一般的ですが、後付けも可能です。ベースメイクとコンシーラーを馴染ませて、目立たなく整えるのが一つのコツになります。仕上げにパウダーを叩けば、さらに効果的です。

バスト形成にも効果がある

ブレスト

バストアップクリームを選ぶ際の注意は、マッサージの摩擦によって肌が荒れたりすることもあります。肌に優しいものやマッサージが不必要で効果が表れるものを選ぶことが大切です。また、バストアップクリームは胸を大きくするだけでなく、産後の崩れた胸を形成することができるものもあるため、人気です。

もっと読む